【2020年10月】国内旅行クーポン・GoToまとめ最新版はこちらクリック!

スターフライヤーに搭乗した口コミ!座席が広くておすすめ【感想・口コミ】

スターフライヤーの東京〜大阪関空に搭乗したクチコミです。

座席の広さやドリンクサービスを紹介します。

スポンサーリンク

羽田空港のターミナルに気をつけて!

スターフライヤーを羽田空港から利用する場合、絶対に気をつけたいポイントがあります。

それは行き先によって出発ターミナルが異なるということ。

羽田→大阪関空・・・第2ターミナル(ANAでチェックイン可能)
羽田→山口宇部・・・第2ターミナル(ANAでチェックイン可能)
羽田→福岡・・・第1ターミナル(端の方のスターフライヤーカウンターで手続き)
羽田→北九州・・・第1ターミナル(端の方のスターフライヤーカウンターで手続き)

座席が広くて人気のスターフライヤー

黒い機体でおなじみのスターフライヤー機はその外観もさることながら、本革シートであることやシートピッチが広い(34インチ)ということで人気です。

ANAやJALには最新鋭の飛行機「ボーイング787」などの導入もありますが、古い飛行機・リニューアル前の古い座席の機材も多く、ハズレもあります。

スターフライヤーは全て同じ仕様の機体なので、ハズレ飛行機はありません。

座り心地や、機内の雰囲気を楽しみにしている方にはおすすめです!

私が利用した羽田〜関空便も搭乗率は高く、満席に近いとのことでした。

スターフライヤー豆知識

真っ黒な飛行機のスターフライヤー。

向かって左側の尾翼は白、右側の翼は黒色に塗られているそうです!

座席のモニターは国際線並み!

国内線の飛行機なのに、全ての座席にモニターが装備されています。

番組数は多くないですが、ニュースや独自のプログラムが配信されていました。

USB充電口も用意されていて、まるで国際線のような装備です!

タイトルとURLをコピーしました